企画展と連続トークセッションのお知らせ

2018年 アルテクルブ企画展

HAReGI 『ゆきさき』

 衣服を中心とした1点物の品々の展示販売

2018年10月12日~14日、19日~21日(日)12時~18時

 

舞台衣装家・田村香織は日々、「誰が着るか決まっている」衣服を作っています。

ふと空いた時間に、衣装の残り布や、譲り受けた服を使って誰が着るでもない

「ゆきさき」のない服を作ることがあります。

美術家・半谷学さんの作品「差傘花(さしがさばな)」に着想を得た、廃棄され

た傘の布地部分を利用したあずま袋も展示します。半谷学  http://www.hangais.com/art.htm
田村香織 http://kaoritamura.com/blog

 

オープニングパーティー/トークセッション 10月14日(日)13時より

美術家・半谷学さんと田村香織さんのトークセッションと

シンガーソングライター・大澤加寿彦さんのライブを開催します。

 


連続トークセッション 第7回

「アートプロジェクト本音会議@川越」

日時 2018年10月13日(土) 14:00〜16:00

場所 川越市立美術館 アートホール

今日、全国で芸術祭やアートプロジェクトが乱立している。 アートが美術館やギャラリーといった空間から人の行き交う空間で展開され、様々な立場の人が関わり新たなアートの展開が模索されている。 アートによる地域資源の発掘、それによる地域活性、経済波及効果への光明…こうした夢が語られる一方で、その現場は順風満帆とは言いがたく、様々な課題に向き合い疲弊していく場面も数多く存在する。 今 「本音」を語ろう!  私たちは、この「本音会議」を通して、様々な現場で起こっていることの「本音」を多様な立場の方に聞いてみたいと考えた。2020への騒がしい足音が聞こえている中で、今しっかりと現場の本音を紡ぎ、そこで得た経験知を共有する事で丈夫なアートの根を生やそう。 会議への参加者を求む!!

 

今回は、KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)の皆さんにお出でいただき、本音トークを繰り広げたいと思います。https://kapl.exblog.jp/   http://kapl2008.wixsite.com/kapl

講師/浅見俊哉(あさみしゅんや)・アーティスト  

     渡辺範久(わたなべのりひさ)・まちづくりデザイン担当